The回復期リハビリテーション病棟!!~セラピストに必要な基本と臨床応用(前編)~

NO IMAGE
題名 The回復期リハビリテーション病棟!!~セラピストに必要な基本と臨床応用(前編)~
講師 中山 直樹 先生
カテゴリ 基礎分野
開催日時 2017/10/29(日) 10:30~16:30
開催エリア 大阪
募集状況 募集中
参加費 7000(学生1000)

セミナー内容

勉強会の概要 こんな方の問題解決に使えます:
『回復期リハビリ病棟(病院)ってどんなところ?』と聞かれた時、どのように答えますか?

回復の時期にリハビリテーションを集中的に行う病棟?

ADLの向上を図る病棟?

寝たきり予防と家庭復帰を目的とする病棟?

近年、回復期リハビリ病棟が激増し、毎年誕生する1万人以上のセラピストの多くが回復期リハビリ病棟に就職しているため、所属セラピストの経験年数は若いことが多いです。

一方、回復期リハビリ病棟について深く理解する機会は少ないように思います。

学校の授業で詳しく習ったことがない・・・
就職後に先輩に教わったけど、先輩も若手のためあまり理解できていないことが多い・・・
回復期リハビリ病棟に特化したセミナーはほとんどないし、学会にも参加したけど臨床に活かせていない・・・

回復期リハビリテーション病棟協会が策定した『セラピスト10ヵ条(第1版)』は回復期リハビリ病棟のセラピストが押さえておくべき『基本』が記載されていると考えますが、より質の高いリハビリテーションを提供するためには、この文言を臨床的に解釈し応用することが重要と考えます。

本セミナー(前編)では、『セラピスト10ヵ条(第1版)』のうちの第1-5条を紐解き臨床的に解釈することで、回復期リハビリ病棟におけるセラピストの基本についての理解を深め共有するとともに、臨床応用も含んだ内容を予定しています。

今後、回復期リハビリ病棟のセラピストが削減される(異動させられる)可能性が指摘されています。

回復期リハビリ病棟で生き残っていくためだけではなく、異動先の急性期や生活期のセラピストとして活躍するためにも、地域包括ケアシステムの一部である回復期リハビリ病棟のことを理解しておくことは重要です。

回復期リハビリ病棟のセラピストに限らず、回復期にバトンタッチする急性期のセラピストや回復期と密な連携を図る生活期のセラピスト、回復期リハビリ病棟への就職を検討中の学生、回復期リハビリ病棟に所属する他職種の参加もお持ちしています。

また、ディスカッションの時間も設ける予定ですので、回復期リハビリ病棟の軸となって動いている中堅の先生方や回復期リハビリ病棟についての後輩指導に悩んでいる中堅以上の先生方の参加も大歓迎です!!
講習内容(講習項目) ①回復期リハビリ病棟とは
②回復期リハビリ病棟におけるセラピストの基本と臨床応用(セラピスト10ヵ条を紐解き臨床的に解釈する)
・第1条~心身機能の改善を図ろう~:PT・ОT・STとリハビリテーション、質と量
・第2条~ADLの獲得に向けて適切な装具・車椅子・福祉用具を導入しよう~:治療用оr厚生用としての補装具・福祉用具
・第3条~疾病のリスクと危険行動を見逃さず、安全管理や感染予防に努めよう~:転倒アセスメント、身体抑制
・第4条~生活場面でのADL向上を促進しよう~:FIMの解釈、普遍的ADL、できる・している・する・していくADL
・第5条~カンファレンスは定期的に多職種で開催し、今後の方向性を検討・一致させよう~:transdisciplinaryモデル、目標と計画
持ち物 回復期リハビリ病棟についての熱い想いと創造力
講師のご紹介
中山 直樹 先生

bestよりもbetter!!
リハビリテーションは答えがないからおもしろい!!
リハビリテーションには答え(best)がなく、今の介入よりも少しでもよい(better)介入のためには、多面的な評価が必要と考えています。問題点の優先順位は得られた情報の質と量によって個別的に変化すると思います。また、急性期や回復期から生活期、整形外科領域や中枢神経領域から小児領域と経験する中で様々な理論や手技を勉強してきましたが、どのような患者様・利用者様にも臨床応用可能で一番効果的であったのは『基礎』だと感じています。『知らないと診えてこない』ものも『知ることで診えてくる』。『基礎』を臨床応用するためには、用語を紐解き解釈することが必要だと思います。職場の後輩と一緒に勉強会に参加した後に復習会をすることが多いのですが、若手の先生方が発する素朴な質問や独創的な疑問にこちらも勉強になります。Assistの勉強会に参加された先生方と『新たな気づき』を共有することで、リハビリテーションの楽しさを感じられる時間になればと考えています。よろしくお願い致します。

お問い合わせ・お申し込み

セミナー詳細

題名 The回復期リハビリテーション病棟!!~セラピストに必要な基本と臨床応用(前編)~
講師 中山 直樹 先生
カテゴリ 基礎分野
開催日時 2017/10/29(日) 10:30~16:30
定員 30人
募集状況 募集中
参加費用 7000(学生1000)
会場 大阪市中央区民センター 第2会議室
開場時間 10:00~
会場住所 〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町1丁目2−27 地下鉄堺筋線・中央線 堺筋本町駅 3号出口東へ徒歩2分
会場マップ
大きな地図で見る[+]
備考 学生枠にてお申し込みされた方は、当日学生証を提示して頂く必要があります。
提示がない場合は、通常料金となりますのでご了承下さい。
キャンセルポリシー 前日、当日のキャンセルに関しましては、いかなる理由があってもご返金いたしかねますのでご了承ください。
お申し込み・お問い合わせ

まずは件名(お申し込みorお問い合わせ)をご選択下さい。
下記のフォームに必要事項を入力して、「確認」ボタンを押して下さい。
は必須項目となります。

件名 
お名前 
お名前(ひらがな) 
メールアドレス 
 半角英数字
 半角英数字
確認のため2度ご入力ください。
職業 
現在の職業 
勤務地 
経験年数 
職場 
何で知りましたか 
ご紹介者様
ご質問・ご相談

※ 送信ボタンを押すと、自動で確認メールが送られます。
もし、メールが来ないようでしたらアドレスに間違いがあるかドメインの設定と思われます。
必ず「seminar.assist121@gmail.com」からのメールが届くことをご確認よろしくお願いいたします。

セミナー検索
セミナーカテゴリ
セミナー日程
セミナー開催エリア
キーワード
エリアから探す
セミナーカテゴリから探す